2016年9月23日 (金)

青山秋分/湖北北尾根からウツロギ峠への鉢伏山スルー/比良見張山長法寺跡三尾山/北山経ヶ岳イチゴ谷山ピーク909/せいざん例会案内/青山舎から

Dsc01778

「春夏秋冬、山・自然・旅の青山舎ブログへようこそ。[今日も青山へ][せいざん例会案内][青山舎の自然と暮らす本][琵琶湖水源の森から日本分水嶺の青山へ][せいざんレポート][青山舎から]の順に書いています。スクロールしてご覧いただければ幸いです。」

     

Dsc01763

「ピーク909のブナ巨樹はせいざん例会の初めの頃によく行ったもので思い出深いものがあります。今週末は土曜青山ウォーク湖西湖畔三尾山見張山、日曜が余呉トレイル鉢伏山でそれぞれにこだわりの青山、天気もまずまずのようで楽しみです。」
  

  


[今日も青山へ」

9月25日の青山「北尾根からウツロギ峠への鉢伏山スルー」

Dsc01784

Dsc01786

Dsc01790

Dsc01791

北陸への歴史街道の難関嶺北嶺南を区切るのが北国街道栃ノ木峠から派生する木の芽山系、その最高峰が白山日本海琵琶湖の展望台鉢伏山ということでかねてより青山注目の山です。

Dsc01802

Dsc01803

Dsc01814

あらゆるルートを試登してきましたが、スキー場を避け北尾根から山頂へ立ち大岩山、五幡山を経てウツロギ峠へ下るスルーコースが余呉トレイルクラブにふさわしいということで例会で行ってきました。

17000歩の行程はササが健在なだけに楽ではありませんが、余呉トレイルの初期を知る人にとってはたまらないけものみちコースです。

ゴールのウツロギ峠は中河内塩買い道でおなじみで、木の芽峠道よりも古い北陸道の峠、頭のなかで線がつながってゆき嶺北嶺南湖北エリアは一連のものでありその素晴らしさがわかってきます。

Dsc01818

 

9月24日の青山「比良見張山長法寺跡三尾山」

Dsc_0036

Dsc_0037

青山ウォークは湖北湖畔の山に続いて、湖西のリトル比良長法寺跡から見張山を経て三尾山へ。

白髭神社の裏山が三尾山、その奥に延暦寺に近い歴史と規模を誇ったという長法寺の跡、そしてその奥にあるのが見張山という位置関係で、今日は立ち寄らなかったが中世の山城があった打下山もあって、湖畔の自然境は万葉集の時代からの歴史が積み重なっているエリア。

打下のガリバー旅行村看板下から内湖乙女ヶ池の木橋を渡り鵜川四十八石仏へ下山です。

Dsc_0041

Dsc_0043

Dsc_0046

Dsc_0047

勢いで見張山山頂の先のロクハ岩まで足を延ばしました。

生きものが走りまわる自然と長い歴史を刻む山を歩くのは気持ちのいいものです。

藪漕ぎもしながらのマウンテンウォークでしたが、皆さんの表情がよかったので案内のし甲斐がありました。

Dsc_0050

Dsc_0052

Dsc_0053

Dsc_0055

 

  

 


[せいざん例会案内]

Dsc00057

 

◆余呉トレイルクラブ例会

Dsc04146

9月25日(日)余呉トレイルクラブ例会鉢伏山☆☆ウッディパル余呉9:15集合@山中峠林道から登り中河内塩買い道ウツロギ峠へ下る素晴らしい新コースです。

  

◆よみうりロハスウォーキング

京近江のいなか、続京近江のいなか、比叡山への道、愛宕山への道、宇治への道、鞍馬大原への道、大坂への道、近江富士への道、志賀山越の道、京の七口、自然京都の散歩道と、2004年から一年ごとにテーマを決めて歩き続けています。「丹波への道-胡麻分水界をめざして」に続いて「奈良への道」へ。

Dsc02062

10/8(土)よみうりロハスウォーキング奈良への道2桃山から宇治へ☆京都駅ぱるる前9:00集合@歴史を伝える古寺や宇治川が魅力のウォーキングエリアです。

 

◆北山分水嶺クラブ例会

Dsc04083_2

10月2日(日)北山分水嶺クラブ例会久多峠からフカンド山を経て光砥山へ☆☆地下鉄国際会館駅8:00集合@三国岳に次ぐ府下第4位の高さの光砥山は登りがいがあります。

  

◆青山舎例会

Dsc02938

10月1日(土)金草岳トライアルその2☆☆和邇駅7:30集合@白山遥拝金草岳へ芋ヶ平からの青山ルートトライアルです。

  

◆青山つばさ登山会例会

湖北湖西京都北山の名山でスキルアップをして、夏はアルプス、冬は雪山スノーシュー!

Dsc_0007

9月17日(土)~19日(祝)雪倉岳と白馬岳を蓮華温泉からひとまわり☆☆和邇駅8:00集合@ソロテント泊早朝出発で快適に初秋の名山めぐりを楽しみたいと思います。★秋雨前線に台風ということで残念ながら中止に。

 

青山舎湖北湖畔ウォーク

Dsc04386

10月15日(土)若狭湾久須夜ヶ岳蘇洞門☆JR和邇駅8:00集合@ドライブウエイから豪快な蘇洞門へ下り登り返す楽しい行程です。

 

「せいざん例会は青山舎がプロデュ―スするもので、どなたでも参加できます。それぞれブログも書いていますので検索してご覧ください。青山舎例会は自然と暮らす本の読者に向けたスペシャルプラン。山・自然・旅のとっておきの場所へ一緒に行きませんか。☆ヒルウォーク、☆☆マウンテンウォーク、☆☆☆マウンテントライアル。申し込み、問い合わせは下記メールへどうぞ。」

bluemountainlodge1981@nike.eonet.ne.jp

 


[青山舎の自然と暮らす本]

Dsc_0015_5

芦生の森を歩く(草川啓三@2160売切)

芦生の森案内(草川啓三@1620普及版@1080売切)

芦生の森に会いに行く(草川啓三@1620売切)

近江の峠(草川啓三@1944売切)

湖畔-琵琶湖の楽しみ方(高野弘青山舎@1944売切)

山で花と出会う(草川啓三@1728)

巨樹の誘惑(草川啓三@1944売切)

湖の山道(最新刊、草川啓三@1728)

余呉トレイルマップ(余呉トレイルクラブ檀上俊雄@800ウッディパル余呉委託)

北山分水嶺を歩く地図(北山分水嶺クラブ檀上俊雄@800山村都市交流の森委託)

◆ご注文はメールで、@は定価です。

『湖の山道』で紹介されている山や峠

桑谷山、百里ヶ岳・根来坂、小栗・木地山峠、御池岳・河倉峠、沖島尾山、仙ヶ岳、岩谷峠、八風峠、大尾山、墓谷山・横山岳、庄野嶺越、三国岳・左千方、地蔵峠・ササ峠、ツルベ岳・ナガオ、田上山・笹間ヶ岳、大御影山、ソノド、南比良峠・葛川越、鏡山・城山・妙光寺山、竜ヶ岳・静ヶ岳、三国山、柳ヶ瀬山

  


[琵琶湖水源の森から中央分水嶺へ]

9月22日の青山「経ヶ岳イチゴ谷山ピーク909」

Dsc01733

Dsc01739

Dsc01744

Dsc01746

 

ミゴ谷右岸の西尾根を経ヶ岳へ登り、ミゴ越、イチゴ谷山(ヘラ谷奥)、ピーク909、そしてピーク865西尾根を中の町へ下るコースは青山とっておきで関西ハイキング2017でも紹介しましたが、北山分水嶺クラブ例会でもやっと取り上げることができました。

経ヶ岳西尾根やピーク909のブナ巨樹やいくつもの展望ポイントがあるこのコースは何度歩いてもいいもので、昨日は秋雨前線で小雨がぱらつき高い山は雲の中であったがしっとりとした森がそれをおぎなってくれました。

久多川源流の山は北山でも奥深く雄大で、一般的な三国岳ばかりか天狗峠やフカンド山周辺といい周囲の山が似た高さで並び立ち粒ぞろいというのが大きな魅力ですが、山にたくましく生きてきた久多ですから奥山までかつての山道や炭焼き窯跡が残っているのも感動的です。

最後の下りで本降りの雨になりましたが、皆さんの表情はいつも以上に満足げでなによりでした。

Dsc01752

Dsc01765

Dsc01770

Dsc01773

  


[せいざんレポート]

339山を紹介する『京都府山岳総覧』

Dsc01729

ナカニシヤ出版からこのほど上梓された『京都府山岳総覧』を手に取れば、北山西山東山ばかりか丹後、丹波、南山城の山々が、すべて対等に紹介されていて壮観です。何しろ府下最高峰が北山皆子山971.3mですから低山のオンパレード。地形図の名もなき独標も多く取り上げられ、読めばそれぞれに地域で親しまれてきたことがわかり、それを古くから克明に歩く京都岳人の存在も浮かび上がってきて感動的です。わずかにお手伝いをしましたが、「北山の分水嶺」についての短文も載せてもらえて嬉しいかぎりです。京都府は中央分水嶺を挟んでエリアが広がって自然が多彩で、1200年の都の歴史が色濃く投影されていて、低山とはいえ味わい深いものがあります。山の魅力は高さばかりではないことや低山彷徨の困難さや達成感を、山城三十山の草創期の岳人からして実践し今日に至るまでそれに続く人たちがいることは素晴らしいことです。


山・自然・旅トレイル&自然と暮らす本

青山舎から

山と自然研究会青山舎代表檀上俊雄/琵琶湖水源の森・中央分水嶺トレイルアドバイザー、日本旅のペンクラブ会員、滋賀県レイカディア講師、よみうり京都文化センターロハスウォーキング主宰。

520-0528滋賀県大津市和邇高城319-3/090-1145-3293 bluemountainlodge1981@nike.eonet.ne.jp

Dsc_0015_5

青山舎の自然と暮らす本

芦生の森案内、芦生の森に会いに行く、近江の峠、湖畔-琵琶湖の楽しみ方、山で花と出会う、巨樹の誘惑、湖の山道(最新刊〕、ご注文はメールで、送料無料。

青山舎の取材執筆制作

☆山の本2016秋号静山紀行「白倉岳」を書きました。山頂ダイレクト尾根から荒谷山へのコースです。

☆京都府山岳総覧(ナカニシヤ出版2016.9)で「北山の分水嶺」や丹後半島高山、高尾山、柳平など書きました。

☆旅びと2016(日本旅のペンクラブ)に「歩くべき道はどこまでも続く」という表題で白山への道について書きました。

☆岳人2016.2「とっておきの山」に八丁平・鎌倉山のスノーシューについて書きました。

☆ヤマケイ関西ハイキング2016に「私の好きな山として光砥山、武奈ヶ岳、三重嶽、下谷山、金糞岳」について書きました。

★旅びと(日本旅のペンクラブ)2015に「北山分水嶺を歩く地図」について書きました。

★ヤマケイ関西ハイキング2015「峰床山大杉の森」「敦賀富士野坂岳」について書きました。10月20日発売。

★山の本(白山書房)2014夏号静山紀行に「天空遊歩道」について書きました。6月15日発売。

★旅びと(日本旅のペンクラブ)秘湯特集号2014に「秘湯トレイル」について書きました。

★WMOフィールドノート2014.4に、「けものみちトレイルを歩く醍醐味2013」を書きました。野生動物保護管理の体験と踏査により、ニマトレイルと大川水源の森、原山の森、河内谷水源の森、天増川の森、北川水源の森(安曇川水系)の5つの森をレポートしたものです。

★旅びと(日本旅のペンクラブ)東北特集号2013に「東北の中央分水嶺を越える旅」について書きました。

★山の本(白山書房)2013夏号静山紀行に白山山系「唐谷川から経ヶ岳」を書きました。

★WMOフィールドノート2013.4に、「けものみちトレイルを歩く醍醐味」を書きました。野生動物保護管理の体験と踏査により、志賀山越ニルトレイルと、鎧岩トビ岩、ノタノホリ、ホッケ、還来、世渡川、生津、天神川、日枝、富川の8つの森をレポートしたものです。

★白山書房山の本2012秋号に「余呉の25の山をつなぐ」、ヤマケイ関西ハイキング2013に「中央分水嶺縦走‐高島・余呉トレイル」を書きました。

★ヤマケイ比良山湖西の山・関西百名山地図帳、高島トレイルマップ・公式ガイド・絵葉書、余呉トレイルマップ/余呉トレイル情報ブログ、青山つばさ登山会ブログ、北山分水嶺マップなど。

Dsc_0007

琵琶湖水源の森から日本分水嶺への夢のトレイル

Dsc04005_2

中央分水嶺トレイルブレイクスルー[日帰り24分割]

01鴨瀬谷山・八丁山02小野村割岳03天狗峠・三国岳04カベヨシ・三国峠05根来坂・百里ヶ岳06木地山峠・駒ヶ岳07行者山・二の谷山08武奈ヶ嶽09三重嶽10大御影山・近江坂11大谷山・寒風12粟柄越・赤坂山・三国山13芦原岳・乗鞍岳14東ヶ谷山・深坂峠15三方ヶ岳16行市山・柳ヶ瀬山17椿井嶺18庄野嶺・栃ノ木峠19音波山・下谷山20大黒山21妙理山22横山岳23安蔵山・谷山24左千方・三国岳

  

☆鯖の道から水源の森・中央分水嶺への道[日帰り8分割]

01鞍馬山・貴船山・竜王岳ループ02鞍馬尾根・天狗杉・滝谷山03皆子山04八丁平・オグロ坂・峰床山05鎌倉山06白倉岳07ヘラ谷奧・経ヶ岳08丹波越・三国岳

  

☆北山分水嶺歩き[日帰り13分割]

01途中越・西下立山・天ヶ森02天ヶ岳・杉峠・旧花背峠03芹生峠・魚谷山・祖父谷峠・桟敷ヶ岳07岩屋山・氷室08沢ノ池・高雄09愛宕山・保津峡10滝谷山・前坂峠11前坂峠・チセロ山・峰床山・フノ坂12峰床山・桑谷山13フカンド山・927ピーク

  

☆鯖の道西ルート[日帰り5分割]

01京見峠・氷室02桟敷ヶ岳・祖父谷峠03ソトバ峠・品谷山04佐々里峠・大段谷山・オクノタン05中山谷山・権蔵坂・染ヶ谷

  

☆芦生の森外縁一周[日帰り6分割]

01三国峠・シンコボ・杉尾峠02権蔵坂・中山谷山・オクノタン03大段谷山・佐々里峠04小野村割岳・951ピーク05天狗峠・三国岳06岩谷峠・カベヨシ・三国峠

  

☆志賀山越[日帰り14分割]

01金勝山02田上山・矢筈ヶ岳・笹間ヶ岳03鹿跳・立木山・袴腰山・岩間山04千頭岳・音羽山05逢坂山・長等山・如意ヶ岳06志賀峠・白鳥越07山中・大比叡ループ08無動寺道・延暦寺・横高山・水井山09仰木峠・大尾山・伊香立越・魚の子山・宮メズラ山10途中峠・西下立山11花折峠・権現山・蓬莱山12木戸峠・葛川越・烏谷山・堂満岳13金糞峠・八雲ヶ原・釈迦岳14寒風峠・滝山・鎧岩 番外武奈ヶ岳ループ

  

☆ビワコブレイク

リトル比良・奥島・オールドレインボーロード・滋賀丘陵・瀬田丘陵・芹川水源カルスト台地・伊吹野・余呉湖をめぐる山・湖北湖畔12山

フォトアルバム

中央分水嶺トレイル情報ブログ

Powered by Six Apart

最近の記事と写真

  • Dsc01791
  • Dsc01790
  • Dsc01818
  • Dsc01814
  • Dsc01803
  • Dsc01802
  • Dsc01786
  • Dsc01784
  • Dsc_0055
  • Dsc_0053
  • Dsc_0050
  • Dsc_0052
  • Dsc_0047
  • Dsc_0046
  • Dsc_0043
  • Dsc_0041
  • Dsc_0037
  • Dsc_0036
  • Dsc01763
  • Dsc01773
  • Dsc01770
  • Dsc01765
  • Dsc01752
  • Dsc01733
  • Dsc01746

最近の記事